menu close

新規事業

新規事業

会社としても個人としても経験ゼロ。
自転車ショップへの挑戦!

IT営業から自転車ショップの店長へ。華麗なる転身を遂げた東だが、さまざまな困難を乗り越えての挑戦だった。企画のスタートから現在の運営状況までの軌跡をたどる。

きっかけは社内のビジネスコンテスト。
追い求めたのは、自転車ショップの可能性。

ストーリー画像1

「新しいサービスを立ち上げてみたいんだよね」そんなことを言う人間は多い。ただ“言うは易く行うは難し”だ。勇気、行動力、環境、そして運も含め、実行できている人間はほんのひと握りだろう。

そのひと握りの中の1人が、NCDの東だ。もともとIT事業部でインフラのSEや営業をしていた東。彼は現在、東急池上線「大崎広小路駅」すぐ近くの高架下で、ライフスタイル提案型の自転車ショップ&カフェ「STYLE-B」の店長兼マネージャーを務めている。そしてもちろん、その立ち上げから携わっている。

東は「新しいサービスを立ち上げてみたい」という思いを常々持っていた。
「自転車ショップって、気軽に入りづらいと以前から感じていました。そこで、カフェなどを併設して、自社で運営している駐輪場とセットにすることで、入りやすい場所になりいろいろな可能性が広がると思ったんです」

2013年。社長発案のビジネスコンテストに「STYLE-B」の原型となる上記アイデアを応募したところ、見事に特別賞を受賞。後に東急池上線高架下の再開発というタイミングの巡り合わせもあり、実現への道が切り拓かれていったのだった。

プロジェクトリーダーに就任した東だったが、もちろん実店舗オープンや店舗運営の経験はゼロ。すべてが未知の領域であり、そこには数え切れないほどの壁が立ち塞がった。

困難だらけだったオープンまでの2年半。その中で感じた「挑戦」のおもしろさ。

ストーリー画像2

店舗オープンまでの道のりは想像以上に険しかった。企画・事業計画・設計・工事・店舗オープン準備と、やるべきことは多かったが、1つでさえスムーズに運んだ工程はなかったという。
「事業計画は何度も書き直し、設計や工事でも多くの人に助けてもらいました。地味ですが商品入荷時の段ボールの処理が大変だったこと、また並行してのHP制作など、とにかく苦戦した記憶しかありません」

中でも、人集めに神経をすり減らした。Webや張り紙での募集を3ヶ月ほど続けても反応はなし。このままではシフトが組めず“ブラック企業”まっしぐら……。
それでも、オープン直前というところで、知り合いを通じてなんとかスタッフを確保することができた。
「持つべきは仲間だと思いました(笑)。これでようやく運営の目処が立ち、さぁいこう!という雰囲気になりました」

企画スタートから約2年半。「オープンに間に合わなかったどうしよう」という不安、プレッシャー、ストレスで眠れない日々を過ごしてきたという。しかし「ただ辛いだけではなかった」と東は語る。
「自分が理想とする店舗や商品、インテリアが実際に形になっていく快感は、初めての感覚でした。新しいことに挑戦するおもしろさを実感できました」

ストーリー画像3
ストーリー画像4

目標は、次の新しいサービスの立ち上げ。飽くなき挑戦マインドが、会社を盛り上げる。

ストーリー画像5 ストーリー画像6

「それまでオープンがゴールだと思っていたんです。そしたら、スタートでした(笑)」そう話す東は、オープンから1年が経つ現在、今度は店舗運営に四苦八苦していた。より安定して利益を上げていくことはもちろん「STYLE-B」をさらに魅力的な場所にしていくための努力を多方面から行っている。
「スタッフ間ではとにかく情報共有を大切にしています。これは店舗のためにも、自分たちの働きやすさのためにもなるんです。イベント開催などにも積極的に挑戦しています」

こんな嬉しい話もあった。以前自転車を買っていただいた方が、今度は、幼稚園に通う子どもを連れて遊びに来てくれたという。これは新しい自転車ショップの形であり、東が考えていた「可能性」が垣間見えた瞬間だったのではないだろうか。

「STYLE-B」は他にない店舗形態ということもあり、各メディアからの取材や商業施設関係者の視察も絶えないという。そういった場で「IT企業がなぜ自転車店を?」と必ず聞かれるので、東は決まってこう答えている。
「チャレンジ精神旺盛な会社なんです」会社はもとより、東自身のそれがより強いことは、おわかりいただけるだろう。最後に、彼の今の口グセを紹介しておく。
「『IT×自転車』で、次の新しいサービスを立ち上げたい」

Mitsuharu Higashi

東 光陽

  • パーキングシステム事業部
    STYLE-B 店長兼マネージャー
  • 1998年入社
  • 情報ビジネス学部卒

ENTRY

以下、就職情報サイト内、当社掲載ページよりエントリーしてください。(外部サイトが開きます)

  • リクナビ
  • マイナビ