menu close

人材育成

NCDグループの求める人材像

多様な価値観をもった従業員がそれぞれの個性を活かしながら、同じ目的に向かうための共通言語として「NCDグループの求める人材像」を定めています。

1.チャレンジ精神

自ら変革の旗手となり、夢と勇気をもってチャレンジする人

  • 変革の旗手
    現状に満足せず、アンテナを外に向け、変化を先取りし変革に挑戦する
    変えるべきことと変えてはならないことは何かを見極める
    変えると決めたことはリーダーシップを発揮しダイナミックにやり抜く
  • 夢と勇気をもってチャレンジし続ける
    ありたい姿を描き、語ることができる
    小さい一歩でも勇気をもって踏み出すことで、自ら成⻑の機会を創り出す
    失敗してもその経験を糧にして前向きに再チャレンジする

2.共創

多様な人々と協働し、切磋琢磨しながら新たな価値を創り出せる人

  • 多様な人々と協働する
    十人十色の個性や違いを認め、相手の意見や考えに真摯に耳を傾け、受け入れる
    苦労も喜びも分かち合える明るい職場をつくるため、自ら率先して周囲に働きかける
  • 切磋琢磨しながら新たな価値を創り出す
    励まし合い競争し合って、共に向上する
    安易に同調せず、率直に意見を出し合い、今までにない視点や発想を引き出し、膨らませる

3.品格

高い倫理観と誇りをもって、誠実に社会の期待に応える人

  • 高い倫理観と誇り
    常に公正に物事を判断する
    経営理念やグループ行動規範を理解し、信念をもって行動する
  • 誠実
    常に誠実で謙虚、正しいことを実直にやり続ける
    諦めず、投げ出さず、仕事の品質にこだわり、最後までベストを尽くす
  • 期待に応える
    お客様をはじめとする社会からの信用は、企業の無形資本であることを自覚する
    自身の専門性を高めるとともに、お客様の期待に一つひとつ応えていく

人事ポリシー

1.序文

私たちNCDグループは、個性を尊重し、認め合い、切磋琢磨する企業文化の実現こそが社員一人ひとりの自律的な成⻑、持続的な事業の発展、そして社会への貢献につながるものと考え、様々な人事・人材開発の施策を実行していきます。
そのうえで基本となる考え方を人事ポリシーとして示します。
本ポリシーは、NCDグループのすべての役員および社員と共有し、透明性とアカウンタビリティの高い人事を徹底するとともに、国内外の法令および就業規則をはじめとする社内規定、NCDグループ行動規範等に基づき、あらゆる状況の中で尊重され実行されます。

2.人事ビジョン

私たちは、経営理念および経営戦略を実現するため5つの人事ビジョン(目指す姿)を掲げ、人事・人材開発施策を力強く進めていきます。

  • グループ共通の最適かつ公正な人事評価と処遇の推進
  • 社員の個性や能力を最大限発揮できる機会の提供
  • 計画的な次世代リーダーの育成
  • 一人ひとりがやりがいと誇りを感じ、明るく元気に働くことができる
    職場環境の構築
  • 変革と挑戦の機会にあふれる企業文化の醸成

3.NCDグループの求める人材像

私たちは、経営理念および経営戦略を実現するため、NCDグループの求める人材像を以下の通り定義します。

  • チャレンジ精神
    自ら変革の旗手となり、夢と勇気をもってチャレンジする人
  • 共創
    多様な人々と協働し、切磋琢磨しながら新たな価値を創り出せる人
  • 品格
    高い倫理観と誇りをもって、誠実に社会の期待に応える人

4.人事運営にかかる基本方針

(グループ共通の人事運営)
グループ共通の人材価値基準や評価処遇ルールを整備し、地域や業務の特性に応じた最適かつ公正な人事運営を推進する。

(採用)
NCDグループの求める人材像に照らし、募集職務に必要な適性・能力等の基準を明らかにしたうえで、誠実かつ公正に採用選考を行う。本人に責任のない事項や、本来自由であるべき事項については選考基準にしない。

(評価および処遇)
NCDグループの求める人材像をベースとした個人の発揮能力、役割責任、達成した成果や組織貢献を公正かつ総合的に評価し、適正に処遇する。人材育成の観点から、上司等によるフィードバックを適切に実施する。

(報酬)
成果や頑張り、会社の持続的な成⻑への貢献等を総合的に勘案したうえで、公正に報いる。報酬水準は、経営環境や経済・社会情勢、市場水準等を踏まえ決定する。

(能力開発)
職務遂行に必要な知識・技術の習得、技術革新への対応、良識ある企業人の育成を目的とした能力開発環境を整備する。また、社員一人ひとりが主体的な能力開発と自律的なキャリア形成ができるよう支援する。

(配置と登用)
現在有する能力と将来の活躍期待に基づき、また人事データ分析手法等を用いて、計画的なローテーションを行い、適材適所の配置および組織の活性化に努めるとともに、多様性の確保にも留意する。

(次世代リーダーの育成)
会社の持続的成⻑と中⻑期的な価値向上を実現させるため、将来の経営幹部として「次世代リーダー」を計画的に育成する。

(職場環境の整備)
グループで働くすべての社員が安全で働きやすく、こころとからだの健康を維持・増進できる職場環境の整備に努める。

(ダイバーシティの推進)
性別、年齢、国籍、障がいの有無、性的指向、価値観、勤務体系などの垣根なく、多様な視点、発想や価値観を認め合い、一人ひとりの能力を最大限に発揮できる職場環境を構築する。

(企業風土の醸成)
変革と挑戦を推奨し、一人ひとりがやりがいと誇りをもって成⻑できる企業風土を醸成する。