menu close
  1. HOME
  2. サステナビリティ
  3. トップメッセージ

トップメッセージ

代表取締役社長 下條 治

NCDグループ一人ひとりの意識と行動の変容とともに
これからも、事業を通じた社会課題の解決に全力で取り組みます

日本コンピュータ・ダイナミクスは、2022年に創業55周年を迎えます。これもひとえに、私どもを支えてくださったお客様をはじめ、ステークホルダーの皆様のおかげであると厚く御礼申し上げます。

私たちNCDグループは、「ユニークなソフトウェア技術により、明るい未来に貢献する。」という経営理念のもと、ITを通じた社会貢献を志してまいりました。様々な分野においてIT活用の可能性を追求するなかで、1992年に初めて駐輪場管理のIT化に着手し、その後は当時大きな社会問題となっていた放置自転車を解消すべく、電磁ロック式駐輪場をいち早く展開しました。

いま私たちは、気候変動や新型コロナウイルスをはじめ、国際的視点においても様々な社会課題に直面しています。企業が発展するためには、自社の成⻑のみでなく、社会貢献を両立させることが不可欠です。当社はこれからも持続可能な社会の実現を目指し、社会から必要とされる価値ある企業であり続けるよう、取り組んでまいります。

持続可能な社会の実現に向けて、当社グループは経営理念に基づき、「ステークホルダーとの共存共栄」、「従業員の成⻑」、そして「調和のある世界への貢献」、この3つのバリューを追求し続けます。NCDグループの一人ひとりが、広い視野を持って社会やお客様の期待を汲み取り、考え、行動し、新たな価値を提供し続けることで、持続可能な社会の実現に貢献します。

引き続き、皆様のご支援、ご愛顧を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

代表取締役社長 下條 治