menu close

環境

自転車活用の推進により、CO2排出量を低減

自動車通勤をする人が自転車通勤に切り替えると、生涯でCO2の排出量を約50トン削減できると言われています。※
しかしながら、企業が集中する都市部において、現在も駐輪環境の整備が十分であるとは言えない状況です。

当社グループは気候変動の緩和に向けて、今後も自転車の価値の訴求や自転車を快適に利用できる環境作りに努めることで自転車の活用を推進し、CO2の排出量低減に貢献してまいります。

※交通エコロジー・モビリティ財団「2009年度版運輸・交通と環境」より、片道15kmを往復、1年間で248日出勤した場合で算出。

ITによる新しい価値の提供を目指して

働き方改革やテレワークが浸透するなかで、DX(デジタルトランスフォーメーション)への取組みが加速しています。

当社グループは業務プロセスの自動化・省力化ツールの導入など、お客様の業務効率化や生産性向上のための様々なご支援を行っています。業務がデジタル化されることによって、ペーパーレス化や労働力不足の解消など、環境への配慮や社会課題解決の観点からも様々なメリットが生み出されます。

私たちはこれからも、社会の変化とともに多様化するお客様のニーズに対応するため、常に新しい価値を追求し続けます。

限りある資源を守るために

環境法や地域における規則等を遵守し、自主的に資源の有効活用、省資源、省エネルギーに努めています。
ペーパーレス化、森林認証紙の使用、エコキャップの回収などを実施し、環境に配慮しています。