Webアプリケーション開発基盤

クラウドで開発の常識が変わる

クラウドの登場で、IT市場では今後急激に製品やサービスのコモディティ化(低価格・普及化)が進むと言われております。当社では、その様な時代のニーズを捉え、早く安く且つ保守性・運用性を兼ね備えたシステムを作りあげるコンセプトで、アプリ開発環境を整備いたしました。

1.プロジェクトの開発体制及び役割が変わる

画面開発の短縮化/アジャイル開発/プロトタイピング開発

2.作らない開発の模索

テンプレートベースの開発/開発環境のクラウド化/サービスの組み合わせ

3. 制約があることを前提とした開発推進

開発環境上の制約/ライトリッチ/キャパシティー計画の後付け検討

当社開発環境を採用した場合のメリット

オープンソースの採用

業務アプリケーション以外のミドルウェア購入・保守コストがかからない

スタンダードな技術の採用

長期間使用できるシステムの提供が可能

お客様での技術習得が容易

自社にて保守・運用が可能

軽くて早いシステムの実現

レスポンスが早く、イライラさせない

技術の変化にも柔軟に対応

言語(Java/C#/Ruby/他)移行が容易

当社開発環境について

Ajax/Linux/Apache/MySQL/スクリプト言語(MVC対応)/J-Queryを採用した超軽量な業務WEBアプリ開発環境。当社では、Ruby on Rails/CakePHP//Symfonyなどのオブジェクト指向フレームワークを採用しています。

利点

スクリプト言語は、他の静的言語よりも習得し易く、簡単にWEBシステムが作れる。

問題点

ページ中心に処理を記述するため、保守性が低く、同じ処理を再利用したい場合は効率も悪い。

近年のフレームワーク

メンテナンス性を改善したものが数多く出始めており、企業のエンタープライズシステムのアプリ基盤にも問題なく採用できるレベルへ。

使い勝手の良いリッチクライアントアプリケーション

Webブラウザ上にて、クライアント/サーバ形式のアプリケーションが持つ高い柔軟性を実現。

サーバとの通信待ちがなくハイレスポンス

従来、Webアプリケーションでは、サーバにリクエストを送信後、レスポンスを新たにウェブページとして受け取り画面遷移が発生するが、当社はAjaxの採用により、画面遷移を伴わない動的なWebアプリケーションの開発を実現。

ページTOPへ