ITサービスへの取り組み:ITSMS

お客様へのメッセージ

IT発展と、ITを利用して提供されるサービス(ITサービス)の進展によって、ITは個人から企業まで、広く利用されるようになっています。こうした状況にあって、ITサービス提供者にとっては、どのように品質を保ちながらお客様に満足いただけるかが課題であると認識されています。
NCDのマネージドサービスセンターでは、優れたITサービスを提供するための仕組みとしてITSMS(ITサービスマネジメントシステム: IT Service Management System)を構築し、運用しております。

ITサービスマネジメント方針

NCDは、ITサービスマネジメントシステムを正しく理解し、お客様に提供するITサービスにその仕組みを取り入れ、常にサービスの向上を図っていくことを目的に、ここに、ITサービスマネジメント方針を定める。

  1. ITサービスマネジメント計画の立案
    提供するITサービスが顧客の運用品質向上に寄与するように、サービスを監視し、ITマネジメント実施計画を定め、その達成に努める。
  2. 継続的なITサービス品質の改善
    ITサービスマネジメント実施計画で定めた実施状況、サービス提供状況、顧客満足、内外のITサービスに関わる情報を分析し、ITサービスマネジメントシステムの改善を継続的に行う。
  3. ITサービスの提供における社会的責任
    ITサービスの提供に際し法令を遵守し、企業理念の維持・向上に努め、社会的責任を果たすとともに、ITサービスの継続的発展を目指す。
  4. 情報セキュリティの確保
    情報セキュリティ基本方針に則り、ITサービスのセキュリティ確保を行う。

社内での活動内容

サービスの品質、安定性向上を目指し、「可用性」、「信頼性」、「対応時間」などのサービス品質を定量化し、それぞれの目標値・保証値を設定した上で、ITSMSの仕組みを運用・改善しております。
SLA(サービス品質合意書)を締結し、顧客のニーズに合致した適切なITサービス提供を維持管理しつつ、継続的改善に努めてまいります。

認証登録内容

登録事業者 日本コンピュータ・ダイナミクス株式会社
東京都品川区西五反田4丁目32番1号
適用規格 JIS Q 20000-1:2012(ISO/IEC20000-1:2011)
登録番号 JUSE-IT-003
登録範囲 マネージドサービスセンター業務
(ITサービスに関するシステム運用、アプリケーション保守、維持管理、セキュリティ管理、
教育・導入)
登録組織 IT事業部 マネージドサービスセンター
認証取得 2008年4月22日JIS Q 20000-1:2007(ISO/IEC20000-1:2005)認証
2014年4月22日JIS Q 20000-1:2012(ISO/IEC20000-1:2011)へ移行
審査機関 一般財団法人 日本科学技術連盟

ページTOPへ