IRT製品デモ出展のお知らせ

本イベントは終了いたしました。多くのお客様のご来場、誠にありがとうございました。

国内最大規模の大学と産業界のマッチングイベント「イノベーション・ジャパン2016」が8月25日[木]から26日[金]の2日間東京ビッグサイト(東京国際展示場)において開催されます。
500を超える大学、企業が研究開発の成果を展示・発表します。

本展示会には、日本コンピュータ・ダイナミクス株式会社(NCD)のIRTソリューションを共同研究開発している2大学の研究室が出展します。

当社開発システムのデモを出展ブースでご覧いただけます。

神戸大学 大川剛直教授の展示ブースでは、「3次元データマッチング専用デバイス(3D SOP.j)」を使用した「タンパク質分子表面3次元データマイニングシステム」のデモをご紹介いたします。

電気通信大学 範公可准教授の展示ブースでは、大幅に性能向上した「DBP.j」および「SOP.j」の最新版を使用した大量データ検索および全文検索システムのデモをご紹介いたします。

ご来場賜りますようご案内申し上げます。

3次元データマッチングデバイス出展

神戸大学 システム情報学研究科 情報科学専攻
大川 剛直  教授
超高速3次元データマイニングとタンパク質分子表面への応用
出展ゾーン 東京ビッグサイト 西1ホール / JST大学見本市ゾーン
出展分野 超スマート社会
小間番号 S-14
プレゼンテーション JP-11A1 8月25日[木] 11:30~

研究概要
タンパク質分子表面に代表される3次元画像を対象に、頻出かつ類似する特徴的領域を発見するための3次元データマイニング技術を提案する。本技術は、①3次元画像の特徴点群表現、②類似部分点群の照合処理、③頻出部分領域の抽出処理から構成される。出展研究者によって開発された①〜③のためのアルゴリズムをもとに、通常のCPU処理では膨大な計算を必要とする②において、共同研究先の企業が保有する集合演算プロセッサ技術を3次元データ向けに拡張して導入することにより、飛躍的に高速化し、一気に実用化を目指すものである。

ビッグデータ検索デバイス、全文検索デバイス出展

電気通信大学 情報理工学研究科 情報・ネットワーク専攻
範 公可  准教授
データ一括処理プロセッサ(GAP) DBP&SOP
出展ゾーン 東京ビッグサイト 西1ホール / JST大学見本市ゾーン
出展分野 装置・デバイス
小間番号 M-18
プレゼンテーション JP-11A2 8月26日[金] 11:30~

研究概要
半導体微細化技術の終焉と本格的なIoTの到来を迎え、これまでのstep by step処理によるCPU一辺倒の情報処理ではバスボトルネックの影響で期待するデータ処理性能が引き出せないなどの深刻な問題が浮き彫りになっている。 Group of Array Processor(GAP)は一塊のデータをまとめて処理することを目的としたプロセッサであるので、従来のデータ処理を桁違い、最大数千倍まで高速化することができる。CPUとGAPのコラボレーションにより、ノイマン型コンピュータのパフォーマンスは大きく進化する。

開催概要: イノベーション・ジャパン 2016 ~大学見本市&ビジネスマッチング~

開催日 2016年8月25日[木]   9:30 ~ 17:30
2016年8月26日[金] 10:00 ~ 17:00
場所 東京ビッグサイト 西1ホール
交通アクセス
入場料 無料
来場者事前登録はこちら  ※終了しました

ページTOPへ