社員の声

ITエンジニア職

数千万人規模の利用者がいる通信機器の情報インフラを自らの手で守っています。

Task:サービスインテグレーション
Career:11年
Name:N.A.

仕事内容と自身の役割について教えてください。

・仕事内容…大手通信キャリア向けのインフラサポートセンター運営。日々発生するシステム障害に対して一次保守対応を行っています。非常に大規模なシステムなので障害件数はひと月当たり数百件にも上ります。
・自身の役割…約20名のプロジェクトのリーダーとして、サポートセンター運営を推進しています。私は直接保守対応を行っておらず、現場のマネジメント業務に専念しています。

仕事における「やりがい」について教えてください。

メンバー一丸となって数千万人規模のスマートフォン/携帯電話のユーザーの生活インフラを自らの手で直接守っているという実感があります。システムトラブルが大規模な通信障害へと発展しまうと新聞やTVのニュースでも大きく取り上げられますし、「繋がりにくい」というイメージの定着はお客様のビジネスの根幹を揺るがしかねません。それらを人知れず未然に防いでいることに密かなやりがいを感じているメンバーはきっと多いはずです。

嬉しかったこと、大変だったこと、失敗したこと等の体験談を教えてください。

嬉しかったこと

かつてお客様の経営方針の転換によってサービスを大幅に縮小したことがありましたが、お客様の運用の現場から私たちを必要とする声が上がってきて、以前ほどではないもののサービスレベルを大きく回復させることになりました。サービス品質ではどの競合にも負けていないとの自負があったので、そのときは大変嬉しく思いました。現在はお客様の期待にさらに応えるためにも、よりテクニカルな領域に踏み込んだ「エキスパート型サービスデスク」というものの確立を目指して、前例のない挑戦を続けています。

仕事における将来の目標は何ですか。

いま所属しているITインフラ運用部門において、社内外に通用するようなITサービスマネジメントのエキスパートを目指したいと思っています。日々の業務では、目の前の仕事や与えられた役割に対して真正面から全力でぶつかっていく姿勢と、なにか1つでも必ずオリジナルの工夫を考えて試してみることを大切にしています。いずれは、NCDが世界初となるような“ゆにぃく”なサービス事業の立ち上げを推進する役割を担ってみたいです。

NCDを選んだ理由を教えてください。

私は元々パートナー企業にいたので数年来の協業(仕事)を通じてNCDのことはよく知っていました。技術的に優れて人間的にも素敵な人が多いこと、家族のような温かい雰囲気があること、そしてITの老舗でありながら放置自転車の社会問題解決を目指して立ち上げたパーキング事業を国内最大規模まで育て上げるといったユニークな経営に魅力を感じていました。知名度や派手さはなくとも、尊敬できたり信頼し合える仲間たちに囲まれながら、個としても組織としても思い切った挑戦をしてみたいと思い入社しました。

就職活動をしている学生の”みなさん”へメッセージをお願いします。

どの会社でもその先には同じ世界(社会)が繋がっていますし、きっと仕事の本質だって変わらないと思います。けれども、人生のひとつの舞台となる会社の存在は、決して小さいものではないはずです。NCDに限らず自分の“モノサシ”で会社をよく見定めて、それと同時にその会社があなたのことを“待ってくれていそうか“についても一度思いを巡らせてみるといいかもしれません。いつも自分の本分に懸命になれるような人と、一緒に仕事ができることを楽しみにしています。
よくある土日の過ごし方としては、お気に入りのカメラを持って(会社では写真部に入っています)大型の公園などに家族と出掛けたり、溜まった1週間分の家事の「宿題」を半日かけて行ったり、子育て奮闘中の妻に「一人だけの時間」をプレゼントしつつ、私の方も1歳になったばかりのアイドル(娘)との2人だけの至福の時間を過ごしたりしています。

ある一日のスケジュール

9:00

業務開始

朝礼&引き継ぎ。メールチェックを行って、タスクリストを眺めながらざっくり一日の流れをイメージします。
09:30

ルーチン業務

庶務的なメールの返信など定型業務を、時間を区切って一気にさばいていきます。
10:00

運用定例

この日は在阪のお客様と電話会議システムを使って運用定例を行いました。事前に提出してある運用報告資料をたたき台に、業務改善に向けての様々な質疑応答が行われます。とても真面目な場です。
12:00

ランチタイム

お弁当を持参しない日は、先輩と九段下・飯田橋・神楽坂エリアにグルメツアー(と勝手に呼んでます)に出掛けます。やっぱりオフィスの外の空気は格別ですね。
13:00

新人育成

研修中の新人メンバーが毎日提出するOJT業務日報にコメントを返します。新人育成のみならずコミュニケーション促進も兼ねているので、ベテランのサポートも借りながらコメントバック率100%を目指しています。
14:00

進捗確認

各チームリーダーに委託している作業手順書の進捗状況を確認。すでに手順書を作成・レビュー済なのに、その先のマネージャ承認の段階で大量に滞っていることが判明。運用プロセスに何か無理が生じたりしていないかを調べます。
16:00

打合せ

この日は作業手順書の「運用ガイドライン」の見直しを行いました。ISO9001(QMS)という認証を受けている部署なので、手順書のレビューや承認などの各プロセスは明確に定義しています。管理者目線であまり細かく設定すると、現場の運用がスムーズに回りにくくなってしまうというジレンマがあります。マネージャ、案件担当、チームリーダーといった色々な立場の意見を交えながら落としどころを探ります。
17:30

業務終了

夕礼&引き継ぎ。タスクリストに残件をまとめてから帰ります。どうもお疲れさまでした!

ページTOPへ