社員の声

ITエンジニア職

大手精密機器メーカーの基幹システムを支える。

Task:サービスインテグレーション
Career:14年
Name:K.M.

仕事内容と自身の役割について教えてください。

大手精密機器メーカーで、社内システムの運用と保守業務を担当しています。
私は、プロジェクトサブリーダー兼チームリーダーとして、リーダーの補佐やチームメンバーの指導、そして技術的なサポートが主な役割です。

仕事における「やりがい」について教えてください。

社内の基幹システムの運用を担当しているので、利用者も非常に多く、システムのトラブルは即、業務影響につながります。業務影響が出るということは、仕事ができなくなる、つまり営業活動の停止を意味しますから損失が出ます。システムを止めない、止めたとしてもダウンタイムを最小限にし、損失を抑えること。これが私に課せられた使命です。
一歩間違えれば巨大な損失がでるかもしれないトラブルを、食い止めたときは、とてもやりがいを感じますよ!

嬉しかったこと、大変だったこと、失敗したこと等の体験談を教えてください。

現在担当している精密機器メーカーの社内システム運用業務を受注したことです。企業はシステム開発やその運用を発注する際に、RFPとよばれる提案依頼書を提示し、複数のシステム会社に提案させます。そして、もっとも提案の良かったシステム会社に仕事を依頼する。これをRFPによるコンペと呼びます。私の担当案件では、10社ほど競合他社がいたのですが、当社の提案が選ばれました。提案には私もかなり尽力しましたから、勝ち取ることができ非常にうれしかったです。

仕事における将来の目標は何ですか。

二つあります。一つは、深く考えず、一生懸命やることです。一生懸命やってると、物事の本質が見えて問題点・課題、そして改善案など、仕事にとって大切なことが頭に浮かんできます。
もう一つは、エンジニアとして、とにかく技術を磨くことです。技術力があってそれを活用できてこそ、一流のエンジニアですし、お客様からの信頼を得ることができます。

NCDを選んだ理由を教えてください。

最初に内定をもらったから決めました。学生のころにコンピュータに興味を持ち、ITの分野で働きたいと決意しましたから、難しく考えてはいませんでした。強いてあげるとすれば、経営理念の“ユニークなソフトウェア技術により明るい未来に貢献する”に惹かれたというのもあります。なんか、夢があっていいですよね。

就職活動をしている学生の”みなさん”へメッセージをお願いします。

一口にITといっても、開発、構築、運用、保守、企画、さまざまな分野があります。今後、みなさんがどの分野で活躍するかはわかりませんが、とにかく一生懸命やることが大切です。あふれる情報に流されず、自分自身で目標と目的を見極めて、頑張ってください。
休日は特に予定は立てず、その日暮らしです。家でゴロゴロするときもあれば、車で出かけることもあります。ストレス解消が休日の“仕事”です。

ある一日のスケジュール

9:00

出社

まず始めにメールをチェック。システムトラブルが発生していないか、 システムが安定して動作しているかなど稼働確認を行います。トラブルが発生していたら、すぐに対処します。
09:30

朝礼

メンバー全員で本日の予定を確認します。だれが何をやるか。スケジュールどおり作業が進んでいるかなど、進捗も確認します。
10:00

打ち合せ

午後から実施するシステム設定変更作業の手順を確認します。
12:00

昼休み

近くの食堂でバランスの良い食事を心がけます。ITといえどやはり体が資本。健康であるからこそ、質の高い仕事ができるのです。
13:00

外出

データセンターに出発。出かける前には、作業内容の再確認と持ち物チェックを実施します。作業に使う機材を忘れると、スケジュールが大幅にずれます。そうならないように、入念に確認します。
15:00

データセンター着

データセンターで作業。私は作業監督がメイン。メンバーの仕事を細かくチェックし、精度の高い作業を目指します。
16:00

打ち合わせ

今日の作業の反省会です。良かった点、悪かった点など、メンバーみんなで率直に話し合います。悪かった点などはフィードバックし、次回に生かします。この積み重ねがノウハウになります。
17:30

稼働確認

システムの稼働確認。定時前にもう一度確認します。システムを安定動作させることが、システム運用業務において最も重要な業務です。
18:00

打ち合わせ

プロジェクトサブリーダーも兼務しているので、プロジェクトの運営状態、今後の方針など、プロジェクトリーダー、各チームリーダーと話し合います。
19:00

業務終了

帰宅

ページTOPへ