システム開発・プロジェクト管理ソリューション

高品質なシステム構築を実現し続ける長年のノウハウの結晶

複雑化し、短納期、高品質、低コストが要求される最近のSI案件では、システム開発の羅針盤が必須となっています。NCDは創業以来のシステム開発ノウハウを元に、システム開発プロセス標準「NS-SD」およびプロジェクト管理標準「NS-PM」を整備いたしました。この二つのプロセス標準に基づき、お客様プロジェクトの確実な成功をお約束いたします。

NS-SD(NCD開発プロセス標準)

開発工程の全プロセスでのアクティビティと、アクティビティの前後関係を意識した必要となる成果物を定義しています。更に、システム規模(大・中・小)の3段階のモデルを定義し、開発規模に応じて成果物を取捨選択することが可能です。

NCD開発プロセス標準ドキュメント例

NS-PM(NCDプロジェクト管理標準)

SI案件を成功させるためのプロジェクト管理として必須の4要素である、「プロジェクト計画」「進捗管理」「課題変更管理」「採算管理」をアクティビティと捉え、個別作業単位と前後関係を意識した必要となる成果物を定義しています。

NS-SDで定義された開発プロセスをNS-PMで定義された管理プロセスに従って実行することにより、SI案件の確実な成功に向けてプロジェクトを導きます。

ページTOPへ