リッチクライアント

リッチクライアントで実現する次世代業務系WEBソリューション

リッチクライアントとは

ここ数年、企業内においてWEBブラウザとWEBサーバによるWEBアプリケーション型の業務システムが隆盛を極めています。しかしWEBアプリケーションは汎用的なブラウザをクライアントとして使うため、専用アプリケーションと比べ、操作性(ユーザーインターフェイス)の面で劣り、表示レスポンスに限界があり、スピードが要求される業務処理などには向かないものとなっています。これらの操作性やレスポンスの問題を解決するシステムアーキテクチャーとして最近注目されているのが、リッチクライアント技術です。

NCDでは、E-Businessの実現に向けてWEBアプリケーションが開発される中、業務系システム、C/Sシステムで利用される高機能ユーザーインターフェイスを実現する為に、早くからリッチクライアント技術に着目し、企業の基幹系システムをWEBで構築する場合、.NET、C#、JAVA、PHP等による WEBアプリケーション開発技術に加え、BizBrowser & BizDesigner を始めとするリッチクライアント技術を駆使した最適なソリューションを提供しています。

基幹系システム、C/SシステムのWeb化要件

  • ユーザインタフェースの確保(キーボードフォーカス制御、ファンクションキーの割り当てなど)
  • 応答性/パフォーマンスの維持(データ情報のみの受信、画面情報の差分更新による高レスポンスの実現など)
  • マイグレーションの早期実現(低コスト、開発生産性など)
  • ERPアプリケーションとの連携
  • セキュリティの確保

リッチクライアントと従来技術の機能評価

システム環境 機能性 評価
クライアントサーバ型 ハード、ソフトウェアコスト ○
オープン環境 △
メンテナンス性 ×
運用コスト ×
ネットワーク環境 △
入力効率 ○
画面応答速度 ○
Web(シンクライアント環境)型 ハード、ソフトウェアコスト ○
オープン環境 ○
メンテナンス性 △
運用コスト ○
ネットワーク環境 ○
入力効率 ×
画面応答速度 ×
Web(リッチクライアント環境)型 ハード、ソフトウェアコスト ○
オープン環境 ○
メンテナンス性 ○
運用コスト ○
ネットワーク環境 ○
入力効率 ○
画面応答速度 ○

BizBrowser、BizDesignerの特長

画像:BizBrowser、BizDesignerの特長

システム構成イメージ

画像:システム構成イメージ

NCDは、Biz-Collectionsの開発元である株式会社オープンストリーム(http://www.opst.co.jp/)のソリューションパートナーとして、Bizの導入コンサルティングから、アプリケーション開発、システム維持運用、さらにオープンストリーム社と連携したBiz機能のカスタマイズや機能拡張まで広範なサービスをご提供しています。

リッチクライアント構築実績

ページTOPへ