運用の自動化(Kompira)

RBA(Run Book Automation)ツールKompiraによる運用省力化

昨今、クラウドやIDCの活用、基幹システムの統合化などにより、システムを構成するさまざまな要素にまたがる複雑なオペレーションが必要となっています。運用自動化ツール導入は相応の効果は期待できますが、既存運用ツールと連携できないなど、導入時において労力を要し、初期導入費用及び維持コストがネックとなり、導入に二の足を踏む企業が大半です。

Kompiraではチャネルという概念を用いて、商用&OSSなど各種運用ツールとの連携が簡単に出来るようになっています。現行の運用手順をそのままに自動化を行えますので、今あるシステムを最大限有効活用出来ます。また、このシステム連携が取りやすい機能をもって、クラウド基盤に連携させる、業務系システムに連携させるなど、大きなシステムの中の自動化機能として組み込みも簡単に行えます。
※Kompiraは、Fixpoint社が提供する運用自動化プラットフォームです。

従来の運用ツールはそのまま利用し、手動で実行していた業務をKompiraで自動実行することが可能となる。

Kompira独自のジョブフローが業務を実行する=“バーチャルオペレータ

自社でのスクリプト作成とKompiraによる自動スクリプト作成との比較

課題 スクリプトを利用した時の問題点
エンジニアが必要に応じて自由に記述できるようにしたい エンジニア独自の言語や手法で作成される ジョブフロー言語に一元化することが可能となる
スクリプトの管理 異動や退職により中身が不明なスクリプトが継続して稼働することになり、修正ができない Kompira上でジョブフローが集約され、すべて内容が見えるので、管理が用意になる
従来作成した資産 すでに多くのサーバー上にスクリプトが実装されおり、変更することが困難 ジョブフローからスクリプトを実行させることが可能である為、現状必要なものはそのまま利用できる
複数のサーバーにまたがる処理、または途中で判断が入る処理 サーバ単体の自動実行に留まる 複数のサーバや、分岐、シナリオに従った処理などをジョブフロー化することで実現できる

ページTOPへ