大手製造業グループ会社向け会計シェアードサービスソリューション

ご提供サービス

事例名称:会計シェアードサービス・ソリューション

事例概要

世界でも有名な製造業超大手企業グループでは、親会社及び中核子会社は外資系ERPを使用しておりグループ内子会社や関連会社では規模の違いなどから、統一した会計システムを利用できておらず、各社の会計システム及び会計方針がバラバラで、経理業務に無駄が生じていました。マシンの老朽化、IFRS連結会計実施を目前に、ランニングコスト、業務効率化への見直しを図り、OBC奉行シリーズ導入による連結グループ会計の実現を図りました。
親会社、中核子会社のシステムは現行のままで、子会社・関連会社間のみ、会計システム「奉行 V ERP Group Management Edition」を段階的に導入しました。

導入前の課題(Before)

  • 親会社のグループ連結決算システムに、手運用による報告資料を作成しており、
  • 連結決算報告に手間を取られていた
  • 中小企業各社は、個別の基幹システムにかかる運用コストに悩んでいた
  • IFRS対応では、現行システムの見直しや新システム導入など
  • 個々の会社単独での取り組みが困難
  • 現行システムの老朽化、リースアップなどシステム見直しの時期であった

親会社、及び中核子会社は外資系ERPを利用しており、関連子会社はそれぞれ異なる会計システムを利用。グループ全体の会計方針も統一されておらず、決算に著しく時間が掛かっていたが外資系ERPでのグループ全体の統一は、コストが掛かり過ぎる。

サービスイメージ

導入後の効果(After)

親会社で標準化された勘定科目体系を、グループ各社へ同期化。グループ共通の管理指標で、グループ全体の会計業務を管理できるようになった。

  • 導入・運用コストの最適化が図れた
  • 業務モデルを統一化(標準化)し、個社およびグループ間業務の効率化を実現できた
  • 手運用による報告資料作成がなくなりグループ決算業務が早期化できた
  • パッケージ標準機能として法令対応を保証するため
  • IFRS対応への統一管理ができるようになった
  • パッケージ標準によるJ-SOXへの対応、統合運用管理ツールでセキュリティ管理等の集中管理が可能になった

担当業務

  • 基本構想支援
  • システム設計/構築
  • 教育支援
  • 運用テスト支援
  • 本番運用支援

ページTOPへ